監督

脚本・監督

井樫 彩 Igashi Aya

1996年生まれ、北海道出身。東放学園映画専門学校映画制作科卒業。監督2作目で卒業制作となる『溶ける』が第28回東京学生映画祭にて準グランプリ。第38回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード審査員特別賞などを始め、様々な映画祭で受賞。また、2017年開催の第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシヨン部門に選出。現在は母校でティーチングアシスタントとして働く傍ら本作の準備を進めている。

《前作『溶ける』情報》

2015年/45分/日本

 

【受賞】
第28回東京学生映画祭準グランプリ
第38回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード審査員特別賞
第4回なら国際映画祭NARA-wave 金の子鹿賞(学生部門グランプリ)
横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル ジャックアンドベティ賞
日本映画テレビ技術協会第34回青い翼大賞(撮影・照明部門)
第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門(学生部門)正式出品

【あらすじ】
田舎町に住む高校生・真子は、学校生活や友人関係のストレスを、密かに近所の川に飛び込むことで解消している。ある日、川に飛び込んだところを東京からやって来た従兄弟の孝太郎に見られてしまう。夏を一緒に過ごすことになった年上の従兄弟の存在、親友との微妙な関係、全然見えない将来のこと。ゆっくりと彼女の生活が変わっていく。