ロケハン

7月12日水曜日。明日が木曜日ということは燃えるゴミの日だなあ、と思いながらもぞもぞと起きる朝。前の日の疲れが全く取れぬまま、向かった先は渋谷宮益坂りそな前。そう、世にも有名な業界集合場所に、私はフラフラと向かいました。
こんにちは、監督から「今回のブログよろしくッ!」と助監督高野のバトンタッチ言葉も虚しく、私に襷は託されました、照明部の仁藤です。にとうって読みます。照明部、本来ならこういうところには全く存在を出さず現場写真に写るか写らないかの瀬戸際にいるような部署でいたかったと思っていましたが、いかんせん監督と溶けるを共にし同期ということもあり、こんなことを任されてしまいました。至らぬところもあるかと思いますがよろしくお願い致します。
この日はロケ地を見に行く、いわゆるロケハンでした。基本的にロケハンには車で向かいます。埼玉周辺をぐるぐる回ります。この日はトンネルととあるお宅に訪問し、ロケハンです。これどこまで書いていいかわからないのでわからないことはしませんね。綱渡りは慎重に、石橋は叩きながら渡りたいタイプなので。ただいつも振り向いたら石橋が崩壊してることはよくあります。そんなことはどうでもいいですね、ここらでロケハン中の写真を挟みます。


夏ということもあり空が突き抜ける青さ、そして監督の突き抜ける笑い声、響きます。トンネルに響きます。オレンジ色の光が車で遮られて、目がチカリチカリしますが、それがまたトンネルの醍醐味。ここであんなシーンやこんなシーンするのかあと胃をキリキリさせている中、カメラマンの萩原さんは謎のカセットテープを拾ってご満悦。止まったコンビニでそれを持ち帰ってきたことが判明してキレる監督。ちゃんとお祓いして貰おうね……と心のうちで呟きながら、お次はお家のロケハンです。


美術部の内田紫織が端から端まであらゆるものを測ります。美術部の仕事って本当細かい、私にはとてもじゃないけど無理です。うっちーしーちゃん、流石。照明部の私もちゃんと仕事してます。なんだかリノベーション?リフォーム?されててお綺麗な内装。畳に安心感を感じます。うん、こういう家好きだな。監督もウロウロしながら何か考えているご様子。真面目にロケハン、私たちも仕事をしています。ただいがしは途中からアー写もどきを撮り始めました。どこまでも人を撮るのが好きな監督、私にまで被害が及びそうになるので逃げる。写真を撮られるのは苦手です。魂取られるので。
その後急遽別のロケ地を見に行き、現場中スタッフたちが泊まる場所も見に行き、レンタカーの返す時間に迫られながら私たちは埼玉を後にしました。すいません、最後の方はめんどくさくなりました。
いくつかのロケ地を見に行き、想像力を膨らませ、各部署どんな結論に行き着きどんなことをしようと考えているのか、楽しみですね。
埼玉の無敵の青い空、煌めく緑、屈託のない笑顔の人々、たくさんの素敵なものに囲まれて早く撮影したいものです。とりあえずはスタッフルームの掃除から頑張りましょうね。照明部の仁藤でした。失礼致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA